学習教材の天神の価格・値段は?費用は高いの?

シェアする

※こちらは小学生版の価格についてです。

幼児版の料金・価格についてはこちら

このページでは天神の料金の仕組み、塾やタブレット教材や通信教材との比較などをご紹介します。

天神の値段はウェブサイトには載っていません。しかし検索するといくつかの情報がヒットします。検索して最初に目に付くのが知恵袋です。

最近天神が気になり、お家にきていただきお話を聞きました。
とても素敵なパソコン学習と興味を持ちその日に契約をしました。
しかし金額が100万円と高額なため、これで良かったのかと悩んでおります。

1~6年生までセット購入したけど倒産したら??
子供が飽きてしまって使わなくなったら??
などなど考えると本当にこれで良いのかと。。。と思ってしまいます。

え!100万円?!となりますよね。この情報、正しいのか、どうなのか。というのが今回の記事の内容です。天神の料金、価格、その秘密についてです。

結論から言います。

天神を小学校1年から6年までの全教科を購入したら80万円くらいかかります。

塾に6年間通うと150万円くらいかかるので塾よりは安いです。

しかし、紙の教材で年間5万~10万円くらいに慣れている人には桁外れの高さに感じますよね。紙の教材だと6年間で40万円くらいなので。

天神は小学校を全部購入すると80万円くらいしますが、小3の算数だけみたいな契約もできるので、飽きてしまうのが心配ならば最小単位で契約すれば良いと思います。ただ天神を試しにやってみたいだけならタダでもできます。(無料体験ができる)

では、天神の料金・価格体系の詳細に移ります。

>>1学期から3学期まで全部使えて類題豊富だから繰り返し学習に強い!天神の公式サイト

目次

天神のちょっと変わった価格設定

普通、小学生の教材といえば毎月ドリル的なものが届く「月額」で使うものを想像するのではないでしょうか。塾などでも同様で毎月月謝を支払いながら通い、そして飽きたら辞める。

天神も似たものか?違います。天神は毎月料金を支払うタイプの教材ではありません。

子どもが小さいときに積み木やレゴやマグフォーマーみたいなものを買いませんでしたか?あれは月額で支払ったりしませんよね。

天神は「買い取る」タイプの教材

天神は、月ごとに教材が送られたり配信されたりして、毎月料金を支払うタイプの教材ではありません。

天神は、1学期分から3学期分までを買い取る教材となります。1学年分のデータを買い取る形です。買い取るものなので、途中解約というものはありません。

そしてインターネットで通信して教材を利用するわけでもない(データの入ったHDDという箱みたいなものを購入する)ので、もし仮に倒産したからといって使えなくなるわけではありません。

買い取った内容は1年後でも2年後でもずっと使える(インターネットに接続しなくても使えるため)

料金面だけを考えると1年契約と想像するとわかりやすいかもしれませんが、買い取るのでずーっと使えます。

少しだけ技術的な話を。

よくある通信教材は月ごとにインターネットで学習内容をダウンロードしてきて認証をかけるなどして利用します。そして解約すると使えなくなります(一部使えることも)。月ごとに利用できる範囲も限定されます。

天神は最初から全部の内容がパソコン(HDDというデータの入れ物的なもの)に入っているので、インターネットに接続しなくても利用できます。天神の方は解約という概念自体がないのでずっと利用できます。購入した内容はいつでもどれだけでも使えます。

買い取るので、兄弟姉妹が追加料金なしで使える

兄(小学1年生)、弟(4才)のように兄弟がいれば2人ともが使えます。4才の子が小学1年生になったときに追加料金なしでそのまま利用可能です。つまり兄弟は無料で天神が使えます。成績は一人ひとり別々に管理されます。ここは経済的に大きなメリットでしょう。

天神とネット系通信教材(タブレット教材など)との比較表

 天神ネット系通信教材
(タブレット教材など)
学習データHDDという箱の中インターネット上
インターネット不要必要
学習範囲1学期分から3学期分まで全部月ごとに制限
利用期限無制限契約期間内
支払い方法12ヶ月一括(学年単位)12ヶ月分一括
6ヶ月分一括
毎月払い
兄弟姉妹無料で使える2倍、3倍(人数分)

まとめるとこんなふうになっています。

>>1学期から3学期まで全部使えて類題豊富だから繰り返し学習に強い!天神の公式サイト

買い取ることのメリットは?

買い取ることによるメリットって何でしょうか。

  • 1学期分から3学期分までが使える
  • いつでも、何度でも使える
  • 学力に応じて学年を行き来できる
  • 兄弟姉妹が追加料金なしで使える

以上の4点に着目してご紹介します。

1学期分から3学期分までが使える

子どもの学習速度に合わせて勉強できる

自分が興味を持っている内容・楽しんで学べる内容は、覚えやすいですし記憶にも残りやすいです。つまり、勉強しやすいものなのです。

歴史が大好きな子ならば、歴史に関しての勉強は他の教科と比べてスイスイと学んでいけるはずです。好きな教科があるならば、ドンドン先取り学習をしてしまえるのが天神です。他の教科に合わせて勉強速度を調整する必要はありません。

  • 得意な教科は、自分でどんどん進んで先取り学習し、可能性を広げさせたい
  • 苦手な教科は、少し前に戻り学習して自信を付けさせたい

だから、教科ごとにバラバラの学年を勉強していても良いのです。天神は、子どもの特性を認めてあげて、凸凹な能力であってもそれぞれの子に応じた勉強ができるようにというコンセプトで作られているため、1学期から3学期までの内容がまとまって収録されているのです。

得意な教科・好きな教科は先取り学習でとことん伸ばせる

1つでも好きな教科や得意な教科があるのならば、とことん伸ばしてあげましょう。歴史が大好きなのであれば、先取り学習するために漢字も覚えなければなりませんし、読解力も必要になってきます。

歴史が大好きな子ならば、歴史を勉強したいから漢字も一緒に勉強する。それで良いのです。

外国語を習得するための手っ取り早い方法は、語学留学ではなくスポーツ留学や外国の友人や恋人を作ることだと言います。外国語を話すことが目的になっているのでなく、パスをもらうため、仲良くなるため、というように外国語習得の先に目的があるからです。

「歴史を勉強するためには漢字の勉強が必要だ!」となれば強い目的意識を持って勉強に励めます。1つでも得意なものや好きなものがあるのであれば、存分に活かした方が良いのです。買い取り型ならば、学習範囲は自由自在ですからドンドン先取り学習しましょう。

毎月教材が届くタイプで起こりがちな問題点

対比として「毎月教材が届く(配信される)タイプの教材でありがちな問題点をピックアップします。

  • 教材が届く早さについて行けずやってないものがたまる
  • 教材が届くより先に勉強したいのに進めない(上記の逆)
  • 教材が届いたけど内容がサッパリわからず少し前から勉強したいのにできない

毎月教材が届くタイプだと、子どもは教材に合わせて勉強するという勉強方法になります。得意な教科の伸びしろは限られ、苦手な教科の遅ればかりにフォーカスされがちになります。

買い取り型だと子どものペースで自分の学力に合わせて学習が進められます。スモールステップで繰り返し学習しながら着実に力をつけていけるわけです。

いつでも何度でも使えるから、繰り返し学習にメチャクチャ強い

天神はパソコンやタブレットで勉強する教材ですからノートやドリルに書き込んで以前の答えが残ってしまうことはありません。

また、類似問題がたくさんあるので、少しだけ問題文や選択肢の内容や順番が変わったものが次々に出題されます。

勉強の効果を高めるには、繰り返し学習は必須です。何度でも繰り返し勉強できるため、ちゃんと学力になりやすいのです。

つまずきに気付いたときの対処ができる

こんな経験をしたことはありませんか?

  1. 一度勉強しただけでわかったつもりになる
  2. 勉強を進めていくと、つまずきがわかった
  3. 戻り学習が必要そうだけど、どこに戻って良いかもわからない
  4. 勉強しようと思っても既に解いたことがある問題なので「わかっている(つもり)」

となってしまい、結局「つまずきが見つかったけど、どこを理解していないのかがわからない」状態になってしまう、と。

このときに必要な勉強法は次のとおりです。

  1. 詰まっているところに戻る
  2. 繰り返し勉強する
  3. 100点を何度も取る

天神は戻り学習がしやすいようになっています。これも買い取り型のメリットです。

  • 仮に3学期の頃につまずきに気付いても、1学年分(1学期~3学期分)までがまとまっているので戻りやすい
  • どこで詰まっているかわからなくても、一定以下の点数だと、学習すべき問題まで自動的に戻っていく
  • 類似問題がたくさん収録されているので、一度解いたことがある問題でも、問題文や選択肢の内容や順番が変わる

わかったはずの問題であっても、問題文の内容や選択肢が変わるだけで解けなくなる子がいますが、類似問題の豊富さが理解力を高めてくれます。

そして、1年後に「あ、小2の内容がわかってなかったかも」と気付いたなら、小3や小4になった後でも小2に戻って勉強することもできます。

>>1学期から3学期まで全部使えて類題豊富だから繰り返し学習に強い!天神の公式サイト

学力に応じて学年を行き来できる

「テストで満点が取れない!」となったとき、親は「小学3年生なのだから小3の内容を勉強すべき!」と考えがちです。「小3の内容をしっかり勉強すれば成績がよくなるはずだ!」と。

違います。できていないところまで戻って勉強しなおす必要があります。

割り算ができない原因が九九を覚えてないことなのであれば、どれだけ割り算に取り組んだところで成績はあがりづらくなります。小学3年生でも、まずは小2で九九から徹底しなければなりません。

簡単な例を出します。九九をしっかり覚えていない子がいたとします。

8×7=?

これがわからない子に

56÷7=?

この問題を出してもわからないでしょう。
面積の問題も難しいものになるでしょう。その他、掛け算を含む問題は軒並み分からないままになります。

勉強は日々の積み重ねです。「小3の成績が悪い?だったら小3をやればいい!」では解決しません。

天神は1学年1教科ずつ販売されています。上記の場合には小2を徹底して勉強したあとに、小3を勉強すれば成績は上がるでしょう。急がば回れです。

兄弟姉妹が無料で使える

前半でも書いたように、天神は兄弟姉妹がいたら無料で使えます。

兄(小学1年生)、弟(4才)のように兄弟がいれば2人ともが使えます。4才の子が小学1年生になったときに追加料金なしでそのまま利用可能です。つまり兄弟は無料で天神が使えます。成績は一人ひとり別々に管理されます。

これは幼児版でも同じです。

教科書改訂にも対応

長く利用するとなると気になるのは教科書改訂があった場合にへの対応でしょう。天神はこれも対応しています。費用が必要な場合と不要な場合とありますので購入を検討する際には確認しましょう。

>>1学期から3学期まで全部使えて類題豊富だから繰り返し学習に強い!天神の公式サイト

天神の値段・価格はいくら?

長くなりましたが、価格はいくら?と。

  • 小学1年生算数(1学期~3学期分):48,000円
  • 小学1年生国語(1学期~3学期分):48,000円
  • 小学1年生生活(1学期~3学期分):40,000円
  • 小学1年生算数・国語・生活(1学期~3学期分):120,000円(ちょっと安くなる)

となっています。小学1年生の分です。※全価格の詳細は資料に同封されているものを見るか、資料を請求すると全価格が載っています。

これは1学年分の価格であって、月謝でもなければ1年間の利用料金でもないのがポイントで、支払いは一度切りで2年間でも3年間でも兄弟で使っても追加料金はありません。

ここにデータの入れ物としてハードディスク(HDD)料金の20,000円が必要になります。これがあるのでインターネット接続の必要がないというわけです。

最安価格で天神を始めるとお値段は?

生活科が安いですがこれだけで始める人はあまりいないと思うので、算数を例にして計算してみます。

HDD代20,000円+小1算数48,000円=68,000円

となります。この他に入会金などはありません。天神を最安価格で始めようとすると68,000円となります。

高いや安いかは、タブレット教材の比較サイトなんかでオススメされているタブレット教材でも一旦始めると最安価格でも50,000円くらいはかかります(教材費+タブレット代+保険代など)のでそれと比べてどう感じるかでしょう。ネット系タブレット教材だと、解約後はほぼ勉強に使えなくなる点や問題数(類似問題など)の少なさをどう捉えるかです。

他教材にない天神の良さは、充実した問題数による繰り返し学習に強いこと、学習範囲が学力に合わせて選べること(先取り学習や戻り学習)だと思いますので、「なんでも良いからとにかく安い教材を探している」という人には向かないでしょう。

「しっかり勉強してほしいし、効果がある教材を探している」という人ならオススメです。

まとめて購入した方が割引きいてお得ですが心配なのであれば

  1. 無料で体験してみる
  2. 続きそうなら少ない教科で購入(やるならせめて苦手教科だけでなく得意教科と合わせて2教科以上のがオススメ。苦手教科だけはオススメしません)
  3. 良さそうならパッケージで購入

という購入方法でも良いと思います。この辺はお財布と自分たち親が応援してあげられそうかも重要です。

>>1学期から3学期まで全部使えて類題豊富だから繰り返し学習に強い!天神の公式サイト

タブレットや紙の通信教材と比較すると?

タブレット教材や紙の通信教材と比較してみると、価格面では天神の方が高くなりがちです。

通信教材系は年間で60,000円~100,000円ほどでしょうか。ただ、ここにオプション類やタブレット故障時の保険などを加えていくと数万円増えたりします。

タブレット教材は短期解約するとタブレット代の違約金が発生することも

通信教材のメリットは途中で解約ができることですが、短期解約するとタブレット料金が必要となります。月額料金だけを見ると5,000円ほどだったとしても、実際の最低支払額では違約金の加算によって合計で40,000円以上支払う必要がでてきます。

通信教材のデメリットは類似問題のなさ(少なさ)

通信教材の多くは類似問題が少なすぎる印象があります。一度問題を間違えると答えが表示されるのですが子どもが答えを覚えてしまい、それで100点を取るのです。

学校の授業でも十分に理解できている子にとっては、類題がない通信教材でも十分かもしれません。ただ、遅れがちな子は戻り学習や繰り返し学習なしで効果があるでしょうか。類似問題が少なすぎると結局は親が教える羽目になりがちです。

教材を選択するときに私が最も重視するのは、ちゃんと効果が出せる環境(教材)を用意できるのかという点です。

>>間違えると問題が変わる?!類題豊富だから繰り返し学習に強い!天神の公式サイト

某塾と比較してみると?

天神の小学生1年生だと、算数・国語・生活(または社会・理科)を合わせたパックで購入すると少し割引がきいて120,000円となります。1年12ヶ月分で12万円なので、月あたりに換算すると1万円ですね。

塾は料金のバラツキが激しいのですが、某塾だと1教科月額7,000円なので3教科すると月額21,000円。1年間やれば、約252,000円です。

1年生の料金を比較するとこのとおり。

 天神某塾
1年生の料金¥120,000¥252,000

6年分で80万円は高い?塾に行ったときの年間費用は?6年間では?

天神は算数、国語、理科、社会、生活、英語などを6学年分全部購入しようとするともう少し割引がきいて80万円くらいになります。100万円までは行きませんが、これが知恵袋で書かれているものだと思われます。

では、6年分で80万円は高いのか?を考えてみます。

某塾を6年間続けると151万2000円になります。金額だけ見るとやはり高く感じてしまうかもしれません。設備費や教材費などが別料金となっている塾だと、さらに授業料以外にもかかってきますが詳細は省略します。

>>1学期から3学期まで全部使えて類題豊富だから繰り返し学習に強い!天神の公式サイト

継続できるの?無料体験でチェック

一括で料金を支払うとなれば、考えざるを得ないのが継続できるのかという点です。これは人によるでしょう。「紙で勉強する方が良い」という子には合わないでしょうし。(天神は印刷もできますが)

「天神をやってみたい」というだけならば無料!資料請求→無料体験で試そう

「天神をやってみたい」というだけで数万円を支払うのは気が引けるのは当然です。続くかもわかりませんし、子供に合うかもわかりません。そのため、天神では無料体験が用意されています。

  • うちの子は食いつくかな?
  • 内容はわかりやすいかな?
  • 本当に続けられそうかな?

気になる点を無料体験で確かめましょう。資料請求をすれば無料体験案内のチラシも入っていますしメルマガでも定期的に案内されます。

無料体験できる案内がついてくる。天神の資料請求はこちらから

コミュニケーションサービスがある

また、学習キャンペーンや通称タオさんとのメール交換などできるサービスがオプションとして用意されています。

メールは、子どもの書いた内容に応じて一つひとつ返答されます。恐竜が大好きで恐竜に関するメールを送る子に対しては、恐竜のメールを。神社が大好きな子には、神社のメールを。そのため、通称タオさんとのメールを楽しみに勉強を頑張るという子もいます。

メール内容は、褒められたり認められたりするものなので、自己肯定感が育まれていきます。自己肯定感は、人生を充実したものにするために必須となるものです。天神が「自己実現を支援する」というコンセプトを持っているため、それが反映されたサービスとなっています。

天神の料金は分割払いできる?

分割払いの可否は審査があり、それ次第となります。

ただし分割払いの場合には金利が発生しますので一括での支払いが最も経済的です。

分割払いテクニック。銀行の教育関連ローン(多目的ローン)を活用する

擬似的に分割払いにし、金利を安くするテクニックとしては、銀行ローンを活用する方法です。

銀行ローンを利用して天神は一括で購入し、銀行にローンを返済するという形です。

銀行ローンの場合、金利が3%程度~となっているので安くおさえることができます。インターネットで検索するとたくさん出てきますので探してみましょう。教育ローンの場合には大学進学などの条件がついていることが多く、教材購入の場合には適応されないことがありますので、多目的ローンで検索する方が見つかりやすいように思います。

▼参考サイト

https://contents.netbk.co.jp/pc/campaign/lp_mloan_tamokuteki.html

分割払いではないが、学資保険を使う

その他には、学資保険を利用する方法もあります。分割払いではなく、学資保険を解約するなどして教育資金を調達する方法です。保険なので、プランを検討した際の本来の目的と合致しているか確認しながらの活用を検討しましょう。

価格詳細やセット用価格などは資料請求して確認

以上が、天神の料金・価格などに関する情報です。

価格詳細は資料内に掲載されており、セット用の価格など色々ありますので資料で確認してください。以下、真ん中の青いパンフレット内に記載されています。

類似問題が多い!繰り返しに強い【天神】公式サイト

天神・公式サイトへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

その他の特長に関する口コミ・評判