文字を読むのが苦手な子の勉強方法に、問題もヒントも読み上げサポート

文字を読むのが苦手な子

識字障害(失読症・ディスレクシア)で文字が読めない

発達障害の子の中には文字がうまく読めない子がいます。

識字障害(失読症・ディスレクシア)という発達障害のためです。

文字が読めないがために、勉強が苦手になってしまう子もおり、ハリウッド映画の監督であるスピルバーグ監督やオーランド・ブルーム、トム・クルーズなども学習障害・ディスレクシアで子ども時代に苦労したとカミングアウトしています。彼らは台本を覚えるときには、読み上げてもらった内容を音で記憶しているそうです。

学校では文字が読めないと勉強しにくい

学校の授業は、教科書や問題集(ドリル)の文字を読んで理解して解答するという形式になっています。

文字が読めないと、問題文が読めない、理解できないので致命的です。どれだけ知識が豊富で計算が得意であっても、正解はできません。

文字が読めない子にとっては、とても勉強がしにくい学習環境です。

識字障害の認知度は高くない

周囲の理解がないと「なぜちゃんと読まないの?」「真面目に読んで考えなさい」「しっかり書き取りの練習をしないから」などと怒られます。普通に文字を読んだり書いたりしている人にとっては「なぜ文字が読めないのかが理解できない」からです。

学校など教育機関では、以前に比べれば知識を持つ先生も増えてきていますが、恐ろしいことに「根性が足りない!」と思っている人もいます。調査によれば、保護者の方々の感覚としては「学校でも対応や配慮はまだまだ」という印象のようです。

こうしたことが原因で勉強が嫌いになってしまったり、自信を喪失してしまうのは、もったいないです。

天神にある、文字の音声読み上げ機能

天神は発達障害の子専用の教材ではありません。しかし、発達障害の子の利用が急増したこともあって問題文などの読み上げ機能が追加されています。

読み上げてくれるのは次のものです。

  • 問題文
  • 選択肢
  • ヒント
  • 解説
  • 朗読

実際の読み上げの様子をサイトから転載します。

YouTubeの実況動画などで機械音声に慣れている、気にならないという人なら、
とても重宝できるものだと思います。

また、朗読用のものはナレーターによる読み上げもあります。

識字障害の療育や支援の方法

識字障害の療育の中には、読んでいる箇所の文字をハイライトするオーディオブックなどを活用するものがあります。DAISY(Disgital Accessible Information System)と呼ばれるものです。

黙読ではなしに、該当箇所がハイライトされながら音声が読み上げられることで、記憶に残りやすくなります。黙読で視覚だけで学習するのではなく、視覚と聴覚で学習します。多くの感覚を利用した方が記憶に残ります。(多感覚学習、多感覚指導などとも呼ばれます。)

文章を1文字ずつ詰まりながら読んでしまうならば、ハイライトした文字(熟語や文章)と音声をセットで記憶していきます。

自分の名前が「てんじんたろう」の子が「て」「ん」「じ」「ん」「た」「ろ」「う」と1文字ずつ読んでいたとしても、慣れくてれば「てんじんたろう」とスラスラ読めるようになります。これは「てんじんたろう」という7文字を1つの音としてインプットできたからです。これと同じことを、別の熟語・文章でして慣れさせていきます。

ディスレクシアの症状の度合いにもよりますが、こうした方法でもある程度の改善が見込めるようです。

上記で記している天神内の読み上げでも、ハイライト表示しています。オーディオ・ブックの変わりとして使うことはないと思われますが、識字障害の対策に加えて勉強にもなれば一石二鳥です。

識字障害に限らず学習障害を持つ子には、従来の授業形式の勉強方法では成績が芳しくなったにもかかわらず、こうしたデジタル教材を利用すると優秀な成績を残すようになる子がいます。

口コミ・お客様の声を読むと、読み上げをディスレクシアの療育目的で使っているという人は見受けられませんでした。ただ、読み上げ機能があることで集中力が持続できたり自ら勉強するようになったというものはありました。

天神の読み上げ機能に対する評価

ポジティブなもの

問題を読み上げてくれるので、まだ文章を読むのが難しいものでそ、自分でやりたい問題を選べてできるので楽しかったようです。

読み上げてくれるので、ゲーム感覚で楽しんでやっていた

上の学年の先取り学習ができる。解説がわかりやすい。音声や読み上げ機能で子供の集中力が続きやすい。

3年生の戻り学習で「わかった!」が多く、やる気につながった。読み上げ機能が役立った。

読むことが苦手な子なので、読み上げの機能があったので本人が進んで勉強をやってくれたので助かりました。

ネガティブなもの

7才の娘は楽しく使っていました。読み上げの発音がもう少し人間らしい方が良いと思った。

などのものがありました。

読んでみて思うのは、人によってそれぞれ評価するポイント・気になるポイントが異なるということです。前述のとおり、読み上げの発音の機械的な感が気にならないのであればオススメですし、これは!と思う方は体験で見てみましょう。

自分の子に合うか?合わないか?は無料体験で確かめましょう

天神の資料を請求すると、無料体験ができます。

天神公式サイトへはこちらから

天神・公式サイトへ

資料を請求して「うちの子は合うかな?」と確認してみましょう。

親としては疑問だったけれど、子どもにはドハマリした。親は期待していたのに子どもはイマイチだった。いろんなケースがあり得ます。

関連記事

天神で発達障害の子が勉強した結果 発達障害と一括りにしていますが、ADHDやアスペルガー症候群や自閉症やダウン症などのお子様の事例も含んで...
天神は、発達障害の子を教える学習塾と共同研究を実施しています。研究結果は日本LD協会で発表されています。内容は、「発達障害のある子が天神で勉...