天神で学習して失敗する・成果が出るタイプ

その他・読み物

「教材を選んだけれど失敗だった!結局続かなかった!」そんな経験は誰しもがしているのではないでしょうか。では、天神を使って失敗するのはどんなときでしょうか?というのを考えてみました。合わせて成功するタイプ、成果の出るタイプも一緒にご覧ください。

天神で学習して失敗するタイプ

パソコンやタブレットなどデジタル機器自体が「嫌い」な子は失敗しやすい

「電子機器で勉強するのは嫌」そんな子ならば、失敗してしまう可能性は高いでしょう。子どもは初めて触るものでもすぐに慣れてしまうのですが「嫌い!」となっている子ならば、厳しいかもしれません。

逆にパソコン好きの子は、水を得た魚のようにモリモリ勉強し始めることもあります。

押し付け・強制で「やりなさい!」としてしまう親の子も失敗しやすい

強制させる勉強では長続きは難しいでしょう。子どもが自分の意志で物事を決断しはじめる年齢(2,3才くらい)になれば、強制させて何かをさせるというのは難しいはずです。

このタイプだと、どんな教材であれ無理ですね。

すべて子ども任せで放置する親の子も失敗しやすい

高確率で失敗するであろうというタイプは「子ども放置型」の人でしょう。このタイプの人は

  • 子どもが勝手に自分でじゃんじゃん勉強してくれる教材が良い
  • でも親の手はわずらわされたくない
  • そもそも子どもがどんな内容を勉強していようがあまり関心がない
  • もし子どもが勉強していても「そんなの当たり前でしょ」と考えて褒めもしないし励ましもしない

こんなタイプの人(保護者)です。

「子どもは勉強するのが当たり前でしょ?」と考えているのか子どもが勉強していようが成績があがろうが関心がないのです。

「あなたは仕事をしてお金を稼いでくるのが当たり前でしょ?」「あなたはみんなの食事を作って片付けするのが当たり前でしょ?」そんなふうに考えられていたら腹が立ちませんか?悲しくなりませんか?

大人は「誰も気にかけてくれないから仕事やめる!」「誰も感謝してくれないから食事も片付けもやめる!」となりづらいですが、子どもは「勉強してもお父さんもお母さんも褒めてくれないし遊んでよ」となるのは目に見えています。

すべて子ども任せにできるのは塾?

親の手を離れて勉強させるのであれば塾が良いのでは?!と思いませんか?

でも、塾の講師としては「正直言って、塾だけでは限界がある。成績を伸ばしたいなら家庭学習は必須。」だそうです。親の立場から言えば「家庭学習が無理だから塾に行かせているのに!そこをなんとか!」とお願いしたいところですが、これが現実な様子です。

少なくとも塾に行っている間だけでも勉強してくれれば・・・と考えられるのであれば良いのかもしれません。

先生に質問するのが億劫な子や、何度も同じことを聞くのは悪いかな・・・などと気にしてしまう子だと塾に通っても失敗してしまうでしょう。

天神での学習で成果がでやすいタイプ

失敗タイプだけでなく成功するタイプも考えてみましょう。

パソコンやタブレットなどの電子機器が好きな子

まずはこれ。「好きこそものの上手なれ」ですし、パソコンやタブレットなどの電子機器が好きな子ならばハマる可能性は高いです。

一回勉強しただけでは理解できないタイプの子は成果が出やすい

よくある教材は繰り返し勉強することを重視していないのかと思うくらいに、類題が少ないですよね。答えを覚えてしまうと100点が簡単に取れてしまうので「わかったつもり」にはなれるものの、本質的には勉強になっていません。

親としては「100点は取れてるのになぜ学校の成績が伸びないの?」と疑問を感じるものの、子どもは「(簡単に)100点を取れて楽しい」となるので辞めたがりません。そして「もうしばらくやってみようか」となるわけです。

天神は「間違えたら別の問題が出る」「類似問題が多い」「類似問題にもヒントと解説をきっちり作る」など繰り返し学習に相当力を入れています。

※天神の類似問題例をウェブサイトから転載

塾や学校などで「1回勉強しただけじゃわからない」「何度も先生に質問するのは恥ずかしい」という子には繰り返し学習に強い天神ならば「あ、これならできる」となりやすいでしょう。他人に気兼ねせず自分のペースで学習できるのは大きなメリットです。

「できる!」や「わかった!」が感じられることが勉強継続への最大のモチベーションになります。

紙で勉強する方法が合わない子は天神だと成果が出やすい

紙で勉強すると、絵が動いたり音が出たりはしません。そんなとき、頭の中ではこんなふうに勉強をすすめなければなりません。

  1. 問題文を読む
  2. 頭の中でイメージする
  3. 答えを見て確認する
  4. 解説文を読む
  5. 頭の中でイメージする

文章を読むのが苦手、国語力に難がある子は天神だと成果がでやすい

そもそも文章を読むが苦手という子(ディスレクシアや失読症など含む)であれば、イメージも何もありません。そんな子にとっては天神にある読み上げ機能が役に立つでしょう。「勉強ができないと思っていたけど文を読んでもらえばわかる」となるからです。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

ディスレクシア(文字や文を読むのが苦手)の子の勉強方法・克服方法
ディスレクシアで文字を読むのが苦手な子の勉強方法とは? ディスレクシア(識字障害・失読症)で文字が読めない人たちは、どうやって勉強している? 発達障害の子の中には文字がうまく読めない子がいます。 ディスレクシア(識字障害・失読...

文章から情景をイメージするのに難がある子は天神だと成果がでやすい

文章を「頭の中でイメージする」が苦手な子は、文字を読んでも頭に入ってきづらいです。「いちご10個を2人でわけます。りんごが8個あります。いちごは1人あたり何個ずつわけられますか?」というような問題があってもその情景をイメージできません。そうすると、出てきた数字を割ったり掛けたりして適当に答えを出してしまうのです。

天神だと画像が表示されたり動いたりしてヒントや解説が出てきますので、文章から情景をイメージする訓練にもなります。

「文章題が解けない」「国語力に難がある」というタイプの子にも、天神はオススメだと思います。他のデジタル系教材も同様の効果は期待できます。ただし、天神のほうが類似問題を含めた繰り返し学習のしやすさ、1つ1つをきっちり丁寧に説明してくれる点、読み上げへの対応、などがあるので勉強しやすのではと思います。

天神で失敗する人と成果の出るタイプのまとめ

それぞれをまとめますと、こうなります。

天神で失敗する可能性の高そうな人

  • パソコンやタブレットなどデジタル機器自体が「嫌い」な子
  • 強制してしまうタイプの親
  • すべて子ども任せで、関心がない親

このタイプに当てはまる人は、難しそう。

天神で成果の出る可能性の高そうな人

  • パソコンやタブレットなどの電子機器が好きな子
  • 一回勉強しただけでは理解できないタイプの子
  • 紙で勉強する方法が合わない子
    • 文章を読むのが苦手、国語力に難がある子
    • 文章から情景をイメージするのに難がある子

これに当てはまる人であれば、検討の価値ありだと思います。資料請求および無料体験にチャレンジしてみましょう。

類似問題が多い!繰り返しに強い【天神】公式サイト

天神・公式サイトへ
タイトルとURLをコピーしました